ヨーグルトダイエットで大事な事は

ヨーグルトを食べて腸内環境を改善するダイエットをする上で大事な点はビフィズス菌をはじめとして複数の乳酸菌が含まれているヨーグルトを選ぶことです。善玉菌の一種である乳酸菌の種類は多岐に渡っていてどの乳酸菌が相性がいいかは個人差があります。

なのでカスピ海のヨーグルトを食べてもダイエット効果が期待できない場合ば別のヨーグルトを食べることをお勧めしますし、いろいろ試した上で自分にとって効果があるモノを選ぶようにしてください。

ヨーグルトを食べる際にはきな粉を入れたり、フルーツを入れたりと味を変える工夫をすれば毎日でも飽きずに食べることが出来ます。

また乳酸菌の餌となるオリゴ糖http://xn--nckgn0lsdf8db9416epvoi93cqhwj10b9v2b.xyz/を含むハチミツなどを無糖のヨーグルトにかけると美味しく食べれるし乳酸菌の効果がアップします。

乳酸菌の効果により体内の老廃物を排出しデトックス作用でダイエット効果、美肌効果が期待できます。さらに腸内環境を良くすることで免疫力もアップするので風邪や肌荒れの予防効果があると言えます。

 

善玉菌を摂取して便通を良くしよう

便秘は加齢になるほどなりやすく、60代から急激に便秘になる方が増えます。なので、60代に便秘にならないように50代、40代の時から便秘になりにくい体にしておくことをテーマに行動をしておくことが大事です。

なぜ60代から急激に便秘の方が増える原因に「腸内環境の維持ができないこと」や「腹筋などの筋肉量の低下により便の排出が困難になること」があげられます。高齢になると私たち人間は内臓機能が低下していきます。

腸内環境が悪化してくると腸内フローラのバランスが悪くなり、悪玉菌が増加してしまいます。この悪玉菌が有害物質を作り出したり、腸内のタンパク質を腐敗させたし腸内環境を悪くする性格を持っています。

腸内環境を悪くならないようにするためには、腸内に善玉菌を増やし、維持することが大事になります。善玉菌を増やす方法としては、乳酸菌が含まれているチーズやヨーグルトを食べたり、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖など含まれている食材を摂取するようにしましょう。

腸内環境が良くなることで便秘が改善され、便通が良くなります。